JAL、コロナによる旅客数激減で通期業績は最大2,700億円赤字の見通し

JAL、コロナによる旅客数激減で通期業績は最大2,700億円赤字の見通し

先週末、JALの2021年3月期第2四半期決算が発表され、売上は前年同期比74%減の1,947億円、純利益は1,612億円の赤字と発表されました。

そして、2021年3月期の連結純損益(国際会計基準)が2,400億円~2,700億円の赤字(前期は534億円の黒字)となる見通しを発表しました。

赤字の原因は、コロナにより国内線・国際線ともに旅客数が激減し大幅に減収しているためです。

旅客数の激減ぶり、一部のSNSでは国内線・国際線の利用者から「お客さんが全然乗っていない」「ほぼ貸し切り状態だった」などの投稿も見受けられました。

先日、こちらのブログでANAの最終赤字5,100億円の見通しをお伝えしましたが、JALも額が少ないながら同様の赤字で、最大2,700億円赤字の見通しと伝えられました。

JALとANA、同じ航空業でここまで赤字額に差があるのは、国際線の多さによるものがあげられます。

JALの場合、今からおよそ10年前の2010年1月に経営破綻し、その後は公的資金の投入などの手厚い支援を受けて復活をとげました。

羽田空港の国際化が進められる中、一度経営破綻したJALよりもANAは国際線枠を多く与えられた経緯があり、今回はそのANAの国際線枠の多さがあだとなり、2社の赤字見通しを比較した際、ここのまでの差を招いてしまっています。

なお、発表されたJALのIR情報の詳細は下記になっています。

2021年3月期第2四半期の連結業績(2020年4月1日~2020年9月30日)(単位:百万円)
2020年3月期
第2四半期
2021年3月期
第2四半期
増減率
売上収益 748,923 194,791 -74.0%
純利益 54,163 -161,226

出典:IR情報 |JAL企業サイト

JAL、今期は2400─2700億円の最終赤字予想 足元では回復傾向

[東京 30日 ロイター] – 日本航空(JAL)9201.Tは30日、2021年3月期の連結純損益(国際会計基準)が2400億円─2700億円の赤字(前期は534億円の黒字)となる見通しを発表した。

出典:ロイター

コロナで4月には一時1,656円の年初来安値を見せたJALの株価、週末の終値は1,817円前日比-70.5円(-3.74%)となっています。

JAL株チャート

JALの株価、今年の終値を基準に、年初来安値と最新株価を比較すると下記のようになっています。

2020年8月3日終値 2020年10月30日終値 増減率
1,675.5円 1,817円 8.4%

収益悪化の対策として、従業員を異業種に出向させる「雇用シェア」の取り組みをあげているJAL。コロナ感染者数が拡大中のヨーロッパでは空港自体が経営破綻するのでは!?との噂もあります。旅客数激減の中、今後どのように難局を乗り越えていくのかJALには注視していきたいですね。