ビデオ会議のZoom好調!株価も最高値更新!

ビデオ会議のZoom好調!株価も最高値更新!

日本でもリモートワークがある程度定着し、現在も自社へ出勤せずリモートで業務を続けている方も多いと思います。

そんなリモート中のビデオ会議、音声会議のツールとしてお馴染みになったのがZoomです。「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズの第2四半期決算が発表され増収・増益と好調な結果となりました。

純利益は前年同期比で34倍の1億8,574万ドルとなり、好決算の要因はZoomを使ったビデオ会議の浸透があげられるしょう。

そんなZoom、無料版と有料版があり、有料版だと会議内容を録画、録音したデータをクラウド上に保存できたりします。

ビジネス以外の用途として、無料版を手軽に「リモート飲み会」として使っている方もいたりして、ビジネス以外でも身近になりつつあります。

Zoom、5~7月の売上高4.6倍 ビデオ会議が定着

ビデオ会議サービス「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは31日、2020年5~7月期の売上高が前年同期比4.6倍の6億6352万ドル(約700億円)だったと発表した。

出典:日本経済新聞

Zoom、2021会計年度の第2四半期(単位:千ドル)
2019年5月1日~
2019年7月31日
2020年5月1日~
2020年7月31日
前年同期比
売上高 145,826 663,520 4.6倍
純利益 5,541 185,989 33.6倍

出典:Zoom、2021会計年度の第2四半期の結果を報告

Zoom、売上高4.6倍、純利益33.6倍

株価ですが、今年の終値ベースで比較すると1月3日は1株67.28ドルと終値での年初来安値を記録、そして先ほど325.1ドルの史上最高値となり、安値と高値の比較で上昇率+383%となっています。。

2020年1月3日終値 2020年8月31日終値 上昇率
67.28ドル 325.1ドル +383%

Zoom株価チャート

GAFAMでお馴染みの米マイクロソフトや米グーグルが相次いでビデオ会議の強化を打ち出していますが、Zoomはこのまま勢いを維持していくのでしょうか。今後も注目したい大躍進企業ですね。