若返りの大敵、AGEを予防

老けの原因AGE

老化を進めるAGE

先日読んだ牧田善二先生の「老けない人はこれを食べている」。こちらの本では老けの原因であるAGE(終末糖化物質)とその対策について書かれていました。備忘録も兼ねて、こちらでは本の感想を記しておきます。

AGEは見た目の老化だけではなく、血管の老化、白内障や認知症にも関係するそうです。そんなAGEは、AGEを含む食べ物により、日々の食事から我々の体にたまっていくのです。

老化を進めるワーストフード3として、本では下記の食べ物を紹介しています。

  • フランクフルトソーセージ
  • ベーコン
  • フライドポテト

また、同じ食材でも調理方法によってAGEの数値が大きく変わるらしく、高温で調理するほどAGEが増えることが指摘されています。

食品名 AGE含有量
鶏むね肉
(皮なし)
生肉 692KU/90g
煮る(1時間) 1011KU/90g
焼く(15分) 5245KU/90g
揚げる(8分) 6651KU/90g
電子レンジで加熱(5分) 1372KU/90g

出典:老けない人はこれを食べている

怖いAGEですが、本ではその対策して老け予防の食べ物が紹介されています。一部をピックアップすると、レモン・酢・ビネガーなどのクエン酸系の食べ物です。
紹介されている様々な食べ物を上手くとり入れ、日々の老け予防に役立てたいものです。

AGEの対策として

  • AGEを多く含む食べ物を控える
  • 高温調理(揚げる)などで食べ物のAGEが増えるので、生で食べられる物は生で食べる
    熱を使った調理法では、AGEを増やさないためには「茹でる」「蒸す」「煮る」がおすすめだそうです
  • 老け予防の食べ物を積極的に取り入れる

食事は毎日とり続ける習慣なので、日ごろの食事による気づかいで将来の老けが左右される、そんな大切さを改めて感じさせてくれる一冊でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

老けない人はこれを食べている [ 牧田善二 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/4/15時点)