神戸物産、2020年10月期本決算は純利益24.8%増の150億円

神戸物産、2020年10月期本決算は純利益24.8%増の150億円

「業務スーパー」でお馴染みの神戸物産、2020年10月期の本決算が発表され売上高が前年比13.8%増の3,408億7,000万円、純利益は24.8%増の150億4,700万円で増収増益となりました。

また併せて2021年来期の業績予想も発表され、純利益は160億円を見込み、8期連続で過去最高益を更新する見通しとなっています。実際に見通しの業績となった場合、20期連続増収、8期連続増益となります。

コロナの影響のあった今回の本決算での増収増益、理由として下記のことがあげられます。

  • 新型コロナウイルス感染拡大予防のため外食自粛で、内食需要が急激に増加し、業務スーパー事業が経営成績に貢献

豊富な品揃えとお得なお値段で人気の業務スーパー、ついに全国で888店舗を達成し、2020年12月1日(火)~12月31日(木)まで、「業務スーパー888店舗達成記念セール」が開催(一部店舗を除く)されています。

なお、発表された神戸物産のIR情報の詳細は下記になっています。

2020年10月期の連結業績(2019年11月1日~2020年10月31日)(単位:百万円)
2019年10月期 2020年10月期 増減率
売上高 299,616 340,870 13.8%
営業利益 19,239 23,851 24.0%
経常利益 19,434 23,646 21.7%
純利益 12,056 15,047 24.8%

出典:IRニュース|神戸物産

神戸物産、今期経常は5%増で8期連続最高益更新へ

神戸物産 <3038> が12月14日大引け後(15:15)に決算を発表。20年10月期の連結経常利益は前の期比21.7%増の236億円になり、従来予想の203億円を上回って着地。

出典:株探ニュース

コロナショックの3月には一時1,700円となり年初来安値を記録した神戸物産の株価、その後はコロナ前の水準以上に上昇し、12月1日には一時3,710円で年初来高値を更新しています。

神戸物産株チャート

神戸物産の株価、今年の終値を基準に、年初来安値と最新株価を比較すると下記のようになっています。

2020年3月13日終値 2020年12月14日終値 増減率
1,762.5円 3,480円 97.4%

神戸物産の株主優待は業務スーパー商品券

現時点の神戸物産株主優待は、業務スーパー商品券(業務スーパ商品券を神戸物産グループ商品の詰め合わせとお引き換え可)となっています。

神戸物産株主優待 業務スーパー商品券
保有株式数 優待の内容
継続保有年数3年未満 継続保有年数3年以上
100株以上 1,000円分 3,000円分
1,000株以上 10,000円分 15,000円分
2,000株以上 15,000円分 20,000円分

株主優待|神戸物産

今回の本決算では増収増益と好調な業績、そして来期に関しても増益を見込んでいる神戸物産、今後の展開も注目していきたいですね。