コロナショックで荒れる金融市場 NYダウは2,997ドル安で最大の下げ幅を更新

過去最大の下げ幅 NYダウ-2,997ドル

アメリカ時間の3月16日、株式市場の取り引きが強制中断される「サーキットブレーカー」が取引開始しわずか5秒ほどで3度目の発動となり、この日のNYダウは最大の下げ幅を更新し2,997ドル安で取引を終えました。

最近の金融市場は「過去最大の下落」が連発しており、投資家の不安が募っています。

日付 金額 下落率
NYダウ 2020年02月12日 29,551.42 -31%
2020年03月16日 20,186.48

先月2月12日に高値の29,551.42ドルを記録したNYダウですが、最大の下げ幅となった3月16日には2,997ドル安で20,186.48ドルまで下がりました。
現時点に於けるこの期間での下落率は約-31%となっています。

リーマンショック時のNYダウ下落率

参考としてはリーマンショック時のNYダウ相場も載せておきます。

日付 金額 下落率
NYダウ 2007年10月09日 14,164.53 -53%
2009年03月09日 6,547.05

先日お伝えしたNYダウ 下げ幅ワースト5ですが、3月16日の下げ幅2,997ドル安で順位が変更になったので更新版を載せておきます。
ワースト5が今月、先月とすべてコロナショックによるものとなっています。

順位 日付 終値 下落幅 下落率
1 2020年3月16日 20,186.48 -2,997.10 -12.93
2 2020年3月12日 21,200.62 -2,352.60 -9.99
3 2020年3月9日 23,851.02 -2,013.76 -7.79
4 2020年3月11日 23,553.22 -1,464.94 -5.86
5 2020年2月27日 25,766.64 -1,190.95 -4.42

ダウ下落率ワースト5(1900年以降)

順位 日付 終値 下落幅 下落率
1 1987年10月19日 1,738.74 -508.00 -22.61
2 1914年12月14日 56.76 -14.66 -20.53
3 1929年10月28日 260.64 -40.58 -13.47
4 2020年3月16日 20,188.52 -2,997.10 -12.93
5 1929年10月29日 230.07 -30.57 -11.73